ドライフラワーをはじめよう

花を管理するのは難しい

自宅で花を飾って生活をしたいと思ってもなかなか維持するのは大変なことです。
うっかりするとすぐに枯らせてしまいますし、常に生花を購入して自宅に飾るというのは経費の面でもかなりの負担となります。

そこで注目されるのがドライフラワーです。
ドライフラワーは購入することもできますが、自宅で簡単に作ることもできます。
そこで、ここでは自宅でドライフラワーを作る方法を紹介していきます。

ドライフラワーとは

ドライフラワーは名前の通り乾燥させた花のことです。
花が傷む原因には水分があり、この水分を抜くことによって長期的な保存を可能にしています。

ドライフラワーを作るにあたっては特に必要な道具はありません。
初心者でも簡単に作ることができますからぜひ挑戦してみましょう。

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーの作り方として最もポピュラーなのが自然乾燥法とシリカゲル法です。
自然乾燥法というのは花を逆さまにして風通しの良い場所に吊るしておくという方法です。
吊るすだけで仕上がり、約2週間で完成します。

それに対してシリカゲル法はドライフラワー用のシリカゲルを使って水分を抜いていきます。
出来上がりまでには1週間から10日ほどかかります。

自然乾燥法の場合、花がレトロな風合いに仕上がりますが、シリカゲル法の場合には色落ちがあまりありません。
ただ、シリカゲル法でドライフラワーを作ると空気中の水分に触れると劣化してしまいます。
そのため、シリカゲル法で作ったドライフラワーは密封容器に入れて保存することが多いです。

ドライフラワーが人気の理由

生花のように定期的に購入することなく、マメな手入れもなしに飾っておくことができるのがまずの魅力です。
ドライフラワーを作るために吊るしておくだけでも絵になりますし、出来上がってからも自宅を彩ってくれるものになります。

やはり、花がある暮らしというのは毎日の生活に余裕が出て花がない暮らしとは大きく違う生活を過ごすことができます。
ドライフラワーにすることで思い出の花もいつまでも自宅に飾っておくことができるということも魅力です。

作るにあたっても決して難しくなく、自然乾燥法は吊るすだけで仕上がりますし、シリカゲル法もシリカゲルの中に埋めておくだけで出来上がります。
乾燥した花びらは破れやすくはありますが、丁寧に扱えば特に問題ありません。
初めてだからと何か知識を学ぶ必要なく、手軽に始めることができるので新たな趣味としてドライフラワー作りをするということも一つです。

慣れてくれば、ドライフラワーに仕上がりやすい花もわかってきます。
まずは生花として楽しみ、その後自分でドライフラワーとして楽しむようにすれば一度購入した花を二段階で楽しむこともできるようになります。