エアコン掃除のポイント

エアコン掃除は自宅でもできる

エアコンの掃除はプロに依頼しなければできないと思われがちです。
しかし、掃除する場所によっては自宅で素人でも十分掃除をすることができます。

エアコン掃除をしなければエアコンの動作効率が悪くなってしまいますから掃除はとても重要です。
とはいえ、正しく掃除をしないとエアコンが壊れる可能性もあったので正しい方法を確認した上で掃除をするようにしましょう。

フィルターの掃除方法

エアコンのフィルターはほとんどの人が掃除をしています。
フィルターを外して掃除機を掃除するのが一般的ですが、フィルターの仕組みを理解して掃除をした方がより汚れを落とすことができます。

まずはフィルター掃除をするにあたってフィルターを外す前にエアコンのパネル部分に付いている誇りを掃除機で吸っておくことでフィルターを外しても床が汚れません。
また、フィルターを外す時にはゆっくり外すことが重要です。
無理に外すと壊れる可能性がありますし、フィルターについたホコリが落ちる可能性があります。

フィルターを外したら掃除機をかけますが、この時フィルターの外側から掃除機をかけていきます。
内側から吸ってしまうとホコリがフィルターの目に詰まってしまう可能性があるためです。

掃除機でフィルターを吸うだけでは完璧に誇りを落とすことができません。
そこで、月に1度はフィルターに詰まっている細かなホコリを取る耐えに水洗いをすることが望ましいです。

水洗いをするにあたっては掃除機とは逆で裏側からシャワーを当てます。
これによって目詰まりすることを防ぐことができます。

また、フィルターを完璧に乾かしてからエアコンに戻すことが重要です。
生乾きだと雑菌が繁殖しやすくせっかく綺麗に洗っても雑菌が繁殖してはフィルターがさらに汚れてしまいます。

吹き出し口とルーバーの掃除

吹き出し口というのは熱交換器を通った空気が出てくる部分です。
ここが汚いと部屋に出てくる空気が汚いものになってしまいますから定期的に掃除をして綺麗にしておきましょう。

ただし、無理に吹き出し口に指を入れて拭くのは危険です。
無理に拭いてしまうとパーツが折れたり壊れたりする原因にもなりますから自分でするのが難しいと思えば無理をせずプロに依頼をしましょう。

自分で拭くにあたっては、いくつか注意が必要です。
エアコンに触れて作業をしますから必ず電源は切っておきましょう。
ただリモコンでオフにするだけでなく突然動き出すことを避けるため、電源から抜いておきます。

吹き出し口のルーバーは手で動かしても操作できるので、吹きやすい角度にして掃除をする方が綺麗になりやすいです。
ただし、強く動かすと折れる原因となりますから軽く動かして動かない場合には無理に動かすのを避けるようにしましょう。